ヴィオテラスHSCセラムの塗り方について

この記事ではヴィオテラスHSCセラムの塗り方についてご紹介します。

 

実際にヴィオテラスHSCセラムを購入した私が担当します。

 

ヴィオテラスHSCセラムの塗り方を画像つきでレビューしますのでよろしくお願い致します。

 

最新のエイジングケア成分が配合されているヴィオテラスHSCセラム。
ニベアと混ぜたり?いつものスキンケアにプラスアルファされている方が多いです!

 

 

ヴィオテラスHSCセラムの塗り方①

ヴィオテラスHSCセラムの塗り方
容器は手のひらサイズでコンパクトです。

 

スポイトでテクスチャを取り出すタイプですので衛生面も安心です。

 

保湿やヒト幹細胞培養液を配合しているビオテラスは正しい使い方を継続することで効果を最大限引き出すことができるんです。

 

ヴィオテラスの使い方の基本は、手のひらの体温で温めてからお顔にぬる方法。

 

手のひらをこすらなでくださいね!せっかくの新鮮な美容成分が蒸発してしまいます。

 

お顔一回の使用量はだいたい、3~5滴が適量です。
お肌のコンディションにあわせて調整していただくといいですね。

 

わたしの場合はちょっと多めにぬっているのと、気になる部分(目元、ほうれい線)にはもう一滴追加しています。

 

 

ヴィオテラスの塗り方
画像のようにヴィオテラスHSCセラムの容器からスポイトでテクスチャーをすいとります。

 

このくらいの量で手の甲全体へ伸ばせます。気持ち多めに、もしくはもう一滴たっぷりと使ってみるのがポイント。

 

ヴィオテラスHSCセラムの塗り方

 

このくらいの量があれば十分!

 

ヴィオテラスHSCセラムの塗り方、手の甲へ

 

テクスチャーを手の甲へ垂らします。
乳白色でサラサラなのでよく伸びますよ。

 

顔に塗る場合はゆっくり丁寧に、それからデコルテ部分から、耳のうしろ、首筋へ伸ばしましょう。

 

美容液をたっぷり使うのがおすすめです!

 

ヴィオテラスHSCセラムの塗り方、手の甲へのばした

 

使うタイミングは化粧水でお肌を整えたあとでOKです。

 

ポイント!

乾燥する季節はさいごに乳液などでうるおいにフタをするのも有効!

 

お肌に効果的に馴染ませる方法は?

手のひらのテクスチャーを温めてからハンドプレスする方法がおすすめです。

 

手のひらでお顔を包み込むようにして優しく馴染ませましょう。

 

おすすめの使い方→毎日継続

ヒト幹細胞培養液配合のヴィオテラスHSCセラムは毎日使うことでお肌への効果を期待できます。

 

お得な定期コースもありますのでヴィオテラスを習慣化させましょう!

 

3ヶ月使って見る!

どの美容液もそうですが、ヴィオテラスも継続しないと効果は期待できません。

 

悪口コミで「即効性がない!」という口コミがあったのですが、即効性がある美容液があったらノーベル賞モノです^^;

 

お肌のターンオーバーの周期も考えると最低でも3ヶ月jは継続することを強くおすすめします!

 

開封後は早めに使い切る!

鮮度の高い成分がヴィオテラスには配合されています。ですので毎日使って1ヶ月で使い切りましょう。

 

そのまま使わずに放っておくと鮮度がおちて成分が劣化してしまいます・・・。

 

 

※開封後は高温多湿をさけて冷暗所に保管しましょう。

 

 

ヴィオテラスHSCセラムの塗り方まとめ

  1. メイクをしっかり洗顔後、化粧水をつけます。
  2. ヴィオテラスを4、5滴、手のひらへ。
  3. 手のひらから顔へヴィオテラスを顔になじませましょう。
  4. さいごに、乳液やクリームをつけてうるおいをとじこめましょう!

 

ヴィオテラスを手の甲へのばした直後の画像です。塗り方は簡単ですので、どなたでもすぐに使えますよ!

 

エイジングケア成分がしっかりと浸透していくのが実感できます。

 

 

注意点がありまして、容器が倒れると溢れる恐れがあります。十分に注意してください。

 

 

ヴィオテラスHSCセラムは年齢サインでお悩みの方におすすめの美容液。ぜひお試しあれ!